池袋「新珍味」焼きそば

投稿者: | 2019-07-30

池袋西口の「新珍味」で、ランチに炒麺(焼きそば)を食べました!

新珍味は、昭和27年(1952年)創業の老舗中華料理店で、こだわりの『ターローメン』が有名です。ターローメンとは、酸味と辛みとニンニクの香りがクセになる、餡かけラーメン(スープが餡)です。

外観
炒麺(焼きそば)
炒麺(焼きそば)

炒麺(焼きそば) 790円(税込853円)

麺 太さ普通・焼き目なし

具 豚肉・白菜・青菜・たけのこ・キクラゲ・もやし・ニンニク粗潰し

茹でた麺に少しとろみが付いています。具ではなく麺のほうにとろみが付いていていて、あんかけ焼きそばではありません。ややあっさりめの味ですが、ニンニクがアクセントになっています。油っこさはありません。

メニュー

メニュー
メニュー

本日の「日替り定食 650円」は、ニラレバ

新珍味
東京都豊島区西池袋1-23-4(地図
最寄駅 池袋駅 

池袋にある おすすめレストラン【一休.com】

中華が美味しい名店【一休.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。